格安航空会社ではいろいろな統一がある

真っ直ぐ伸びる飛行機雲

一緒に見られているコンテンツ

最近の投稿

格安航空会社ではいろいろな統一がある

普段あまり旅行したことがない人が空港へ行くと、こんなにいろいろな航空会社や飛行機があったのかと驚くかもしれません。
そんな航空会社や飛行機ですが、特に格安航空会社となると、いろいろな統一が行われていて、それが格安航空券にも繋がっているのです。ここでは、どんな統一があるのか見ていきましょう。

飛行機の統一がある

青い飛行機
大手のJALやANAで飛行機では、大型から小型まで用意されています。見た目は一緒そうでも機種が違っています。
その一方で格安航空会社の場合には、機種はその会社内でほぼ統一されています。よく格安航空会社で使われているのは、エアバスA320かボーイングB737となります。これらは、これまでにも多くの航空会社でも使われていて、大手のJALやANAでも使用されており、安全性も高いと言うことです。中古もあるのですが、格安航空会社ではほとんど新品を購入して、より安全性を高めて運行を開始しているのです。

こうした機種を統一することでメンテナンスもしやすくなり、また部品も機種が少なければそれだけ種類も少なくてすむのでコスト削減にも繋がるのです。

パイロットのシフトも統一される

男性パイロット
パイロットや客室乗員は、ライセンスを待っていて、それにあった機種に乗ることとなります。そうでないと、実は飛行機に乗れなかったり、操縦できないこととなります。また同じ日に別機種に乗るのとは通常ないのです。大手となるとそれだけ機種が増えることで、パイロットや客室搭乗員のシフトも考慮する必要があり、人件費などにも影響します。
しかし、格安航空会社となると機種統一によりシフトも統一で簡単に組めるので、人件費などへの影響もあまりないのです。

また、格安航空会社のパイロットは一から育てることもありますが、多くはすでに他の航空会社でのパイロット経験者を再雇用するなどしています。それにより即戦力として搭乗してもらっているのです。
ですので、実は安全性についても格安航空会社の方が大手よりも高いのではとの声もあります。日本国内はもちろん大きな事故もないので安心して乗れるのです。


座席や空港内でも統一がある

座席でもほとんど同じタイプで統一していて、それだけ整備や清掃などにも手間をかけなくても済むようになっています。
また、空港内でもカウンターやチェックイン機を他の航空会社と統一しているところもあります。

ここに挙げたように統一することで格安航空券や安全性などに繋がっていて、私たちが安心して利用できるようになっているのです。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 コンビニ払いも可能!格安航空券の支払い方法 All Rights Reserved.