格安航空券のメリットとデメリットを知っておこう

真っ直ぐ伸びる飛行機雲

一緒に見られているコンテンツ

最近の投稿

格安航空券のメリットとデメリットを知っておこう

旅行をしようとするときには、何かと目にするのが格安航空券です。格安航空会社からの航空チケットです。ネットで購入する際にいろいろと検索していくと、よく目にするようになります。
ただ安いだけと言うのはわかると思いますが、もっと詳しくなるとより利用したくなるかもしれません。

格安航空券ってそんなに得するのか


やはりわざわざ格安航空会社をしなくても大手のJALやANAでもなんて思うかもしれません。
まずはメリットとデメリットを知っておけば、大手のJALやANAと格安航空会社の使い分けに使えたりするかもしれません。ぜひここでメリットとデメリットについて押さえておきましょう。

まずメリットとしては、誰もがわかる安さです。半額以下の値段で国内の大都市圏の空港を行き来することができます。東京羽田と中部国際空港、関西国際空港、福岡、沖縄はどこかしらの格安航空会社が運行しています。これらの間であればそれだけ選択肢が多いと言うことになるのもメリットと言えます。
また格安航空会社にすると、早朝便や深夜便があり、安くなる上に目的地にも早く着くことができて、予定の実行には大いに役立ちと言えるでしょう。

また、燃油サーチャージが運賃に入っていない、もしくは入っていても大手よりも安くなっているのもメリットと言えます。
そして片道でも安価で購入できるのもメリットと言えます。

デメリットはあるのか

残念ながら格安航空券にすることでのデメリットもあります。それは乗るときに起きてきます。
たとえば座席間が狭くて乗り心地がいまいちである、荷物の量が多かったために追加料金が発生する、子供でも大人料金と変わらない、座席指定ができない、指定すると追加料金となるなどがあります。大抵は乗るときに起こるものです。事前に知っておくと回避できたり、また心構えをしておくなどして、気持ち的にも落ち着けるかもしれません。

あと遅延に関しては、大手よりも格安航空会社の方が多いと言われています。これも事前に定時航空率を調べるとどこが遅れやすいのかもわかるので、購入時の選択の根拠にするといいでしょう。

サービスを求めるか安さを求めるか

格安航空会社を選べば、搭乗については安くできますがそれ以外はサービスは受けられないと言うことになります。メリットとデメリットが裏表のようなこととなるのです。
ですので、それでよければ格安航空会社となり、サービスもとなると大手となるのでしょう。

メリットとデメリットを知れば、あなたの航空会社選びも変わってくるのではないでしょうか。

Similar Posts:

ページ上に戻る

Copyright © 2017 格安航空会社だとネットで予約だけ。店舗対応はありませんので支払いのポイントをみていきましょう。 All Rights Reserved.