格安航空券で搭乗する流れとは

真っ直ぐ伸びる飛行機雲

一緒に見られているコンテンツ

最近の投稿

格安航空券で搭乗する流れとは

格安航空券もこれから利用するなんて人も多いでしょう。これまでは大手のJALやANAばかりだけど、試しに1度はなんて人もいるはずです。また乗って良さそうならばこれからもという気持ちにもなるはずです。
では、買ったあとで搭乗するまでの流れも見ていきましょう。

事前にしておくこともある

メールを受信
格安航空会社も大手のJALやANAでも基本的な流れは同じとなります。とはいっても、格安航空会社では特に気をつけるポイントもあるのです。
というのも、格安航空会社の場合にはネットでの申し込みとなるので、チケットやチケット控えをあらかじめ印刷しておかないといけません。大手のJALやANAでの格安航空券ならば、旅行代理店で受け取っておくこともできますが、格安航空会社の場合には自分でやっておかないといけません。
メールでおくられてきた場合にはそれを印刷したり、画面を印刷しておくこともあります。それぞれの会社で異なるので、それも確認しておきましょう。


チェックインは早めにしておく

大手のJALやANAだと、大都市圏の空港でも目立つ位置にカウンターや自動チェックイン機があるので探しやすく、また手続きもしやすいでしょう。
しかし、格安航空会社の場合には、カウンターや自動チェックイン機が探しにくかったり、ターミナルがわかれて遠いなんてこともあります。特に初めて利用するときには早めに空港に到着しておく方がいいでしょう。出発時刻の30分から40分前までが締め切り時間なので要注意です。

そしてカウンターや自動チェックイン機でチェックインすれば搭乗券がもらえます。格安航空会社の場合には事前にウェブチェックインできることもあるので、これも確認しておきましょう。

荷物預けと保険検査でも要注意

あとは荷物を預けて、保安検査を通過するだけです。それから搭乗口で搭乗となります。
大手のJALやANAだと荷物が多くても無料ですが、格安航空会社だと荷物の量など制限があり、それを越すと追加料金が発生しますので要注意です。事前にわかっている場合には先に払っておくといいです。というのも空港での料金の方がたかくなりやすいからです。

また、保安検査も格安航空会社専用もあったり、共用もあったりするので確認しておきましょう。
なお、保安検査では手荷物をすべて検査するため、結構時間がかかります。ここで時間がかかると、格安航空会社だと時間が過ぎれば飛行機に乗ることができません。ですのでここも早めに通過しましょう。

これらを通過すればあとは、飛行機に乗って空の時間を楽しむといいでしょう。

Similar Posts:

ページ上に戻る

Copyright © 2017 コンビニ払いも可能!格安航空券の支払い方法 All Rights Reserved.