格安航空会社だとネットで予約だけ。店舗対応はありませんので支払いのポイントをみていきましょう。

真っ直ぐ伸びる飛行機雲

一緒に見られているコンテンツ

最近の投稿

格安航空券の支払いはどうやってするのか

格安航空券も私たちの旅行の楽しみを広げてくれました。飛行機にかけるお金を安くできた分、それだけ旅行先での買い物や食事などにお金をかけられるようになり、ますます楽しめるようになったからです。
大手のJALやANAでの早割やさらに格安航空会社のものを利用すると、誰でもその恩恵は受けられます。しかし、購入したときの支払いってどうやって行えばいいのでしょう。

格安航空の場合を紹介

3種類のカード
大手のJALやANAだと、これまでにも多くの人が利用したことがあるので、ここでは格安航空会社に絞って紹介します。特に格安航空会社だと、ネットでも予約だけとなり、店舗対応はありません。そのため、支払いにもポイントがあるのでそれらをみていきましょう。

格安航空券の支払い方法としてはクレジットカード払いがあります。多くのところでクレジットカード支払いができますが、利用できるクレジットカード会社の制限があります。ですので、購入前に確認しておきましょう。
また、クレジットカードを使うとスターフライヤーソラシドエア、ジェットスターなどだと航空会社のマイルがためられたりします。北海道を中心とした航空会社のエアドゥの場合だと、マイルでは有りませんが独自のポイントが獲得できる様ですので、北海道にお住いの方は検討してみるのも良いでしょう。

ですので、マイルをためている人はクレジットカードを使った方が良さそうです。

ただし、即決済となることもあって、キャンセルしても返金されなくなるので気をつけましょう。

コンビニ払いも可能

コンビニの外観
格安航空会社では、コンビニ払いにも対応しています。予約がすむと画面やメールなどで確認番号、決済番号、お客様番号といった番号が知らされます。それをコンビニ端末で入力することで支払い用紙が出てくるので、それでレジで支払いができるのです。
ただし、いつでもコンビニ払いができるとは限りません。というのもジェットスターだと出発日まで3日を切ると、コンビニ払いができなくなります。このように出発日の何日前までしか使えないといった制限をかけている格安航空会社も多いので、よく確認しておきましょう。

コンビニ払いだと予約してから支払いするまで少し間が開きます。そのためクレジットカード払いとちがって、この間にキャンセルすることができるのです。中には、この間に他の安い格安航空券を探すなんて人もいます。
一旦予約してからまた探したいなんていうときには、この方法が良さそうです。

その他の方法は

これらの他には銀行振込や実際に空港でのカウンターでの支払いもあります。しかし、カウンターでの支払いは手数料が加算されたりするので、事前に支払いを済ませておく方がいいでしょう。

自分にあった方法で支払いをして、旅行を楽しみましょう。

更新情報

ページ上に戻る

Copyright © 2017 格安航空会社だとネットで予約だけ。店舗対応はありませんので支払いのポイントをみていきましょう。 All Rights Reserved.